【2月レディース】おすすめファッションコーディネート?服装

1月の凍るような寒さが終わり、ようやく春に向けて少し気温が上がる日も出てくる2月。春間近と言ってもまだまだ寒く、コートが手放せない季節です。冬にしか出来ない重ね着のチラ見せやファーを使ったファッションなど、冬にしか出来ない着こなしをピックアップしてご紹介しています。2月に冬最後のお洒落を存分に楽しんでください!

pudding0906pudding0906
  • 3,352views
  • B!

アイキャッチ画像出典:public-tokyo.com

冬から春に変わる2月

毎年1月の平均気温が7度前後で、2月は9度前後、3月に12度前後まで上がります。数字を見ても分かるように、2月は丁度冬から春にかけての気温の変わり目と言って良いでしょう。
そんな中途半端な気温もあってか、2月は意外と服選びに困る人も多いのではないでしょうか。
この記事では季節の中間の2月だからこそできるファッションをご紹介しているので、自分らしいスタイルを見つけて下さい。

2月のファッションで押さえておきたいアイテム

タートルニットで防寒!

やっぱり冬と言えばタートルネックですよね。着ると一気に冬らしさが出ます。
厚手のセーターを大きめに着るのも暖くて良いですし、薄手のニットにノーカラーコートを合わせれば首元をすっきり見せることができます。
マフラーを巻かなくても首元が温かいのが嬉しいポイントです。また、首回りをすっきりさせるためにあえて髪の毛をアップやお団子にするのも可愛いです。
首が詰まったように感じる時は、大きめのピアスをして目線を散らすのが良いでしょう。

一つは持っておきたいファーネックウォーマー

マフラーで暖をとる人も多いと思いますが、食事や買い物で室内に入ったり出たりするたびに巻き直すのは正直手間がかかりませんか。
ネックウォーマーなら首に掛けて片方をもう片方の穴に通すだけのものや、輪っかになっていて頭から被るだけのものまで、着用に無駄な手間がかからずに済むデザインになっています。今期は様々なブランドからネックウォーマーが販売されています。
楽なだけではなく、ファー素材のものであれば首元が一気に華やいで見えますよ。

2月のおすすめの着こなし方

カラーニットで華やかに

出典:public-tokyo.com

冬といえばコートを着込んでしまうイメージですが、シルエットが固定されてマンネリ化しがち。
ボタンを閉めてしまうと中に何を着ても同じに見えてしまいますが、コートの前を開けて中のニットを見せるだけでこなれ感が出ます。また、コートはニットやシャツのように何種類も揃える物ではないので、無難な色に収めてしまいがちですが、中に着るニットを鮮やかな色にすることで一気に華やかな印象になりますし、変化を楽しめます。
おすすめはコートに多いブラックやネイビーとも合わせやすい、レッド、グリーン、イエローなどです。特に今期はレッドがおすすめ。女性らしさを出しながら、キリッとした雰囲気も出すことができるので様々なシーンに活躍します。

ロングコートで縦シルエットを強調

寒い季節には沢山着込んで着膨れして太って見えてしまうのが悩みどころですよね。
どうしても横シルエットになりがちですが、長めのコートを着れば目線を縦に持って行くことができます。

今期はアウターのシルエットとして超ロング丈のものがたくさん出ています。色は黒やネイビーなどの暗めの色を選ぶと、より引き締まって見えますよ。
また、バッグは小さめのショルダーや、靴はハイヒールを合わせると縦ラインを邪魔しない小物使いになります。

冬こそミニバッグで身軽に

冬の服装はとにかくモコモコとかさ張るのでバッグは小さめでバランスを取るのがおすすめ。
また、ポケットの付いているアウターも多いので、リップクリームなどの細々としたものはポケットに入れて財布や定期券などの貴重品はきちんと蓋の閉まるバッグに入れるのが良いでしょう。
また、利便性の面では肩掛け出来るものがいいですが、特別な日には敢えて手持ちにすることで高級感を出すことができます。

2月の晴れの日におすすめのコーディネート

ロングコート×スニーカー

晴れの日こそ外に出てアクティブに歩き回りたいのでスニーカーはマストです。
ヒールのないスニーカーでもスタイルが良く見えるように長めのコートで縦のシルエットを作ります。
買い物して両手が袋で塞がっても大丈夫なように、バッグは小ぶりで肩から掛けられるものがいいでしょう。
スニーカーは流行に関係なく切られるのが魅力です。マフラーと色を合わせるなど一工夫を加えると、無難に留まらない着こなしができます。ロングコートはトレンドですがどうしても重い雰囲気になりがちなので、スニーカーで軽さを出すのがおすすめです。

ロングニットワンピース×ショートブーツ

ワンピースは風通しが良く寒い季節には向いていないイメージがありますが、ニット素材で丈の長いもなら冬にも活躍します。一枚で着られて楽なだけでなく、緩めのシルエットのものを選べば中にインナーを重ね着することもできます。また、シルエットがダボっとしがちなのでヒールのあるショートブーツで引き締めるのがおすすめです。ショートブーツならニットワンピースとブーツの間に脚の一番細い部分が見えるのでスタイルアップにも繋がります。幅広い年代の方におすすめのコーディネートです。

ニット×ジーンズ

冬は夏よりも露出が減る分、服装が保守的になってしまう気がしますよね。シックな服装になりがちな時こそ、ジーンズを合わせてカジュアルダウンさせるのがおすすめです。
冬にジーンズを履くイメージはあまりないですが、黒や暗めのネイビーなどの落ち着いた色を選べば、ニットやセーターなどの冬服を引き締めるのに役立つでしょう。
また、大きめのシルエットのニットの前だけジーンズにインするだけで一気にこなれ感が出ます。冬服のマンネリから抜け出したい方は是非、試してみて下さい。

ムートンコート×ミニスカート

ムートン素材はデニムのように一年中着られるアイテムと違って、冬にしか着られない素材の一つです。
雨の日は濡れてしまうのが心配ですが、晴れの日なら安心して着られます。モコモコした質感なので、タイト目のミニスカートと合わせて引き締めるのがおすすめ。一枚羽織るだけで暖かいので、中も厚手のニットなどを着込む必要がなく、暖房の効いた室内に入っても寒暖差に困らなくて済むでしょう。

2月の雨の日におすすめのコーディネート

ショート丈ジャケット×スキニーパンツ

雨の日は長い傘を持ち歩くので、裾の広がりがある服だとどうしても濡らしてしまいます。なので、下半身はパンツスタイルなどタイトにまとめるのがおすすめです。アウターも短めのコートがいいでしょう。
また、濡れてしまったものを拭くタオルや、小雨なら折り畳み傘など荷物が増えるので、肩に掛けられる大きめのトートバッグなどが便利です。今期のトレンドアウターは超ロングですが、逆に短めのアウターも種類豊富。バランスが取りやすく、脱いだ時にもかさばらずおすすめです。

ショートダウンジャケット×スキニーパンツ

ダウンジャケットなら暖かく、万が一濡らしてしまっても問題ないので雨の日におすすめです。
また、短めの丈のものを選んでスキニーパンツと合わせればスタイルアップもでき、何よりとても動きやすいです。
どんよりしてなかなかお洒落する気分にならないと思いますが、ジャケットとパンツの組み合わせなら楽に着こなせて、お出かけが楽しくなります。あえて大きめサイズのダウンジャケットを着ることで、華奢見えが可能になります。インナーの色で遊ぶのもいいですね。

ニット帽×レインブーツ

雨の日にはとにかく髪の毛が広がってどうも決まらない、という経験は多くの人がしていますよね。
そんな時に活躍するのがニット帽。コーデのアクセントにもなり、髪の毛も抑えることができる万能アイテムです。
レインブーツも最近は色々な服に合わせやすいデザインのものが出ているので、雨の日ファッションに是非取り入れてみてください。
スキニーパンツとの相性は抜群です。ボトムの色味を統一すると脚が長く見える効果があります。

スウェット×デニム×スニーカー

雨で濡れてしまう可能性のある日は、複雑でまとわりついてしまうデザインよりも余計なものがなくすっきりしたデザインを選ぶのがマスト。
スウェットやパーカーなどの濡れても大丈夫な素材に、ジーンズと歩きやすいヒールのない靴を合わせるのが一番安心です。見た目ももちろんですが、何と言っても動きやすいので、天気が悪くても出かけるのが楽しくなりそうです。
トップスは大きめのシルエットのものを選ぶと、インナーを数枚着込んでも着膨れする心配がありません。色味は明るめカラーで揃えると、少し春らしさも感じられるコーディネートになりますよ。

2月に楽しめるお洒落を

2月は冬を存分に楽しめる最後の時期です。
マンネリしがちな冬服のシルエットも小物で一工夫加えるだけでいつもと違って見えます。また、スタイルアップが狙える着方もいくつかご紹介させて頂きました。
冬は寒いからと引きこもっていては勿体無いです。なので、この記事を読んで、気に入った着こなしを取り入れて自分らしいファッションでどんどん外に出かけて行きましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒?肴と温泉も嗜む。

Yuki Bullock6

Yuki Bullock

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介